益子情報局





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

無料ストリートダンス大盛況 :: 2013/06/24(Mon)

益子町商工会青年部の主催する
無料ストリートダンス教室が6/22~スタートしました。



小さい子供から、中高生、お父さんお母さんたち、
ダンス初心者はもちろん、グループでダンス教室の通っている上手な子たち、
明菜先生の指導のもと、約100名の方が今回参加し、
楽しそうに汗をかいていました。

覗いてみると、
初回ということで簡単なオリエンテーションからはじまり、
小さい子たちのグループ、
小学校高学年以上のグループにわかれ、
柔軟運動、簡単なステップ、そして実際曲に合わせて、
少し踊ってみるところまで行いました。

DSC00890_1.jpg
DSC00896_1.jpg

こういった継続的な地域イベントを通して、
ダンスの輪が広がり、子供たちを中心とした益子町の若者が、
コミュニケーションを図り、
明るく元気な活気のある、
そんな益子町になっていければいいなと思いました。


次回は、7月6日(土)です。
Aクラス(小学4年生以下)13:30~
Bクラス(小学5年生以上)15:30~
でそれぞれ90分のレッスンです。
町民センター体育館2階多目的ホールです。

今回参加できなかった人たちも、気軽に参加できますので、
お時間のある方ぜひ参加してみてはいかがですか?


スポンサーサイト
  1. 益子町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

益子感謝祭〜益子を支援していただいたすべての皆様に :: 2013/03/26(Tue)

2011年3月11日の東日本大震災から2年。
益子町も建物の倒壊や製陶を生業としている人達の生活の基盤といえる
窯の損壊など甚大な被害がありました。
皆様の支援のおかげで益子町は元気を取り戻してきました。
益子を支援していただいたすべての皆様に感謝を込めて
3月22日~25日益子感謝祭が益子各所で開催されました。

20130324-30.jpg
濱田庄司記念益子参考館も被災。
益子参考館震災再建の為、基金を募り7500万円以上の寄付が
集まりました。
この度修繕復旧し2年ぶりに再開。
再建記念祭が開催されました。

20130324-20.jpg
この日の再建記念祭では濱田窯さんによるロクロの実演と

20130324-17.jpg
濱田庄司のお茶碗でいただくお抹茶ということで、
茶席には多くの人たちが訪れていました。
「濱田先生の器で飲めるなんて素晴らしい光栄だわ!」とお話していた方もいらっしゃいましたよ。
20130324-25.jpg 20130324-26.jpg 20130324-28.jpg 20130324-30.jpg
20130324-29.jpg 20130324-19.jpg 20130324-21.jpg 20130324-24.jpg
20130324-15.jpg 20130324-22.jpg

場所を移って。。。

20130324-14.jpg
見目陶苑KENMOKU広場ではおてていちが開催。
オーガニック野菜やアクセサリーや雑貨など手工芸品が出展。

20130324-12.jpg
そして”響き人”の演奏がありました。
篠笛の美しい響きと和太鼓の迫力、そしてオーストラリアの先住民アボリジニの楽器ディジュリドゥの不思議な音色が素晴らしい演奏でした。
あれ?どこかで見た人たち・・・???
この響き人の方たち、実は手筒花火大会や土祭でも出演していた五人衆のみなさん。
いつも素晴らしいパフォーマンスで魅せてくれます。

20130324-5.jpg
益子陶芸倶楽部〜古民家古木〜では
「陶ISM2013 若手陶芸家交流展」が開催。
全国から集まった79名の若手作家さんたちの作品がずらりと展示されており、
たくさんの若い人たちで活気に満ち溢れていました。
一般客の方はもちろん作家さんとお話しながら作品を眺めたり、
参加している作家さん同士お互いの作品についてお話していたり、交流を深めていたようです。

皆様からの支援があっての益子感謝祭。
感謝の気持ちを大切に・・・。
20130324-9.jpg 20130324-10.jpg 20130324-11.jpg 20130324-6.jpg
20130324-4.jpg 20130324-1.jpg 20130324-2.jpg


次回益子で行われる大きなイベントは・・・
いよいよ4月27日(土)から10日間開催する益子春の陶器市です!
2013年春のテーマは「マグカップ」。
皆さんお楽しみに!









  1. 益子町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

益子の雛めぐり最終日 :: 2013/03/05(Tue)


2月9日からスタートした「益子の雛めぐり」。
3月3日(日)の最終日はクロージングイベントで大変盛り上がりました。

20130303-43.jpg
城内坂通り会では観音寺駐車場にてひなマルシェ。

20130303-24.jpg
益子揚げや、城内坂山車組特製の焼きそば、やまに大塚さんのラスクとスコーン、益子焼窯元共販センターさんのぽんたまんじゅう、手打ちそばうえのさんそばぜんざい、うどん処まし山さんの栃木の代表的な郷土料理のしもつかれ、益古時計さんの焼き菓子と飲み物、泉ベーカリーさんのパンやパースチィ、友愛作業所さんの焼き菓子などがおいしいものがた〜くさん販売されていましたよ♪
午前中のうちに売り切れてしまった商品もあるようでした。

20130303-38.jpg
観音寺境内の本堂前ではひならいぶ。
スタートを飾ったのはたから幼稚園の皆さんです。
合奏とお歌、皆さんとても御上手でしたよ♪
他、おひさまによる紙芝居、益子中学校吹奏楽部、DPL、鳴神などが出演。
会場を盛り上げました。

20130303-23.jpg
また左手西側の御堂では、城内通りに飾られていた、
お正月から皆さんに書いてもらった絵馬のお焚き上げ。
住職が一枚づつお焚き上げされていました。

20130303-40.jpg
観音寺には和太鼓が保管されていますが、
こちらは陶芸の街ならではの陶製の大太鼓。
陶製和太鼓の大きさでは世界一だそうです。
益子町にはこの大きさの陶製太鼓は3つあり、
観音寺、益子町民会館と益子陶芸美術館に保管されているそうです。
貴重な陶製太鼓を拝見することができました。

20130303-13.jpg
イマキダンシングの皆さん。
チアダンスあり、シルクハットを使ったショーダンスあり、ヒップホップありと皆さんカッコ良くダンスをキメてました!
20130303-14.jpg 20130303-16.jpg 20130303-15.jpg 20130303-17.jpg 20130303-21.jpg

20130303-8.jpg
真岡花舞嬉のよさこいはとても大きなフラッグを振りかざし、演技に華を添えています。
この日は風が強かったのでフラッグを振るのはきっと大変だったことでしょう。
見ていいても楽しいですが、踊ったほうがもっと楽しそうです♪

20130303-5.jpg
ひなライブの大トリはやはり、天人疾風の会の和太鼓の演奏。
お寺の梵鐘と和太鼓のコラボレーションはなかなか見ることができませんよ!

20130303-uchi-1.jpg
また、益子本通り会では内町屋台パークにて、餅つきや甘酒の配布、赤飯やしもつかれ手作りヘアピンやクラフトの販売に、

20130303-uchi.jpg
チョークで地面にお絵描きをしたり、竹ぽっくりなど、お子さんたちは昔懐かしい遊びを楽しんでいたようです。
美味しいものいっぱい♪ 内容盛りだくさん♪充実したクロージングイベントでした。


20130303-6.jpg 20130303-4.jpg 20130303-1_20130304204922.jpg 20130303-12.jpg 20130303-11.jpg 20130303-7.jpg 20130303-18.jpg 20130303-20.jpg 20130303-30.jpg 20130303-28.jpg 20130303-26.jpg 20130303-25.jpg










  1. 益子町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

地域医療フォーラム :: 2013/02/20(Wed)

地域医療を考えたことがありますか?

20130217-4.jpg
益子町民会館で行われた地域医療フォーラム
地域の救急医療を考える!~芳賀地区が目指す”ともに支えあう”地域医療のあり方とは?~
へ行ってきました。

20130217-1.jpg
オープニングアトラクションとして
益子町の他の保育園児のみなさんによる和太鼓の演奏がありました。
1980年代に活躍した一世風靡セピアの曲に合わせたパフォーマンスと和太鼓の演奏。
一世風靡ばりのパフォーマンスがとてもかわいらしかったですよ。

続いて宮崎県北の医療地域を守る会で活動されている事務局長の福田政徳氏による
「私たちの取り組みについて」の基調講演。
宮崎県延岡市で起きた県立病院の医師不足から始まった地域医療の危機問題について
どう地域医療を守っていくべきか、活動されてきている話を伺いました。
初めて「コンビニ受診」という言葉を耳にしました。
コンビニ受診とは軽症でも安易に休日や夜間の時間帯に救急外来で受診することです。
本来であれば重症者の受け入れを対象とする救急外来ですが、何人もの軽症者を診療し、
結果、重症患者の対応が困難となったりする場合が出てきてしまうことになったりするのです。
医師が休養を取れず、疲れ果て医療現場を去ってしまい医療崩壊の原因にもなったりしているそうです。
地域医療を守るためには行政と市民、医者に加え地域のメディアも一緒になり
情報を共有しながらそれぞれの立場、役割を果たしていくことで地域医療が成り立つのだとおっしゃってました。

20130217.jpg
パネルディスカッションでは
芳賀地区の救急医療を考えるということで、
初期救急 芳賀郡市医師会副会長 小松松夫氏をコーディネーターとして
二次救急 芳賀日赤病院長 岡田真樹氏
三次救急 時医科大学付属病院 救命救急センター長 鈴川正之氏
住民代表に益子町議会議員の石川幸男氏と益子町在住の小堀和子さんを 
パネリストにお迎えしてディスカッションが行われました。
初期救急の立ち位置、二次救急の立場、三次救急の立場、
そして医療を受ける側の住民の立場それぞれの意見の交換会
やはり軽症だとしてもわからないし、慌てふためいてしまうと救急車を呼んでしまうのが我々住民の立場

ですが、医療者の立場と思いを知ることによって少しは我々も意識が変わるかもしれません。
医療者の思い、医療を受ける側の思い。
医療者も人間、医療を受ける側も人間、人と人とのコミュニケーションが大切。
行政、地域住民、医療者のコミュニケーションの必要性を感じずにいられません。
地域医療フォーラムは地域医療を考える一つのきっかけになりました。

◆医療機関を受診する際は、なるべく通常診療時間内に受診しましょう。
休日や夜間で比較的症状の軽い方は、地域の休日夜間救急センターや
在宅当番医をご利用ください。





  1. 益子町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

益子の雛めぐりイベント@城内坂通り会 :: 2013/01/13(Sun)

2月9日(土)~3月3日(日)まで益子の雛めぐりが開催されます。
その最終日の3月3日(日)城内坂通り会では
観音寺での絵馬のお焚き上げを始め、観音寺周辺でひな祭りイベントが開催されます。
先日、城内坂通り会でのイベント打ち合わせにお伺いしました。。

20130112.jpg
お正月の初売りから各店舗でお買い物をした方に絵馬をプレゼントし、願い事を書いてもらった絵馬は
城内坂通りの街路樹に吊り下げてもらっています。
飾られている絵馬は雛めぐり最終日の3月3日(日)に観音寺で絵馬のお焚き上げが行われます。
一枚一枚焼いて供養していきますが、
住職いわく、「護摩を焚く」ということは仏様に私たちの願い事を火に燃やして食べていただき、
叶えてもらうという意味が込められているんだそう。
絵馬に書いた願い事が叶うといいですね。

また、観音寺境内特設ステージにて「ひなライブ」
観音寺駐車場では軽食などをご用意した「ひなマルシェ」
気軽に楽しめるセルフでの「ひな茶会」
など楽しいイベント盛りだくさん!
また、スタンプラリーも開催します。

20130108.jpg
皆さん、お仕事の合間をぬって遅くまで意見の交換会。
楽しいひな祭りになりそうです。









  1. 益子町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。